「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」は、複数の大学がそれぞれの個性や特色、得意分野を活かしながら相互に連携・補完して教育を活性化し、がん専門医療人養成のための拠点を構築することを目的としています。

「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」

「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」は、複数の大学がそれぞれの個性や特色、得意分野を活かしながら相互に連携・補完して教育を活性化し、がん専門医療人養成のための拠点を構築することを目的としています。立教大学が所属する拠点は、本学及び連携医科系大学と非医科系大学をICTと循環型人材交流で結び、地域から世界まで、更に基礎から臨床まで俯瞰するがん研究者・医療人の養成を目指しています。特に、立教大学は本プログラム内において放射線がん治療に関わる医学物理士及び医学物理研究者養成を行っています。